STYLE

英国ロイヤルバレエスタイルのチュチュの原型は、1950年代初期に、Dame Margot Fonteyn とDame Ninette de Valois と、当時ロイヤルバレエのチーフカッターの2人のうちの1人であったMs. Marjorie Rodgers によって考案されたもので、世界各国の主要なバレエ団にまで採用されました。

Ms. Rodgers は Dame Fonteyn のリタイアまで女史のチュチュメーカーとして働き、1989年にその一生を全うするまで美しいチュチュを作り続けました。
現在そのメソッドは、Ms. Rodgers のアシスタントの1人であり英国内外のバレリーナたちに今もチュチュを作り続ける、Ms. Jane Cowood によって伝えられ、私自身も Ms. Cowood にその製作ノウハウを教授して頂きました。
しかしながら、ロイヤルバレエなどの大規模なカンパニーで使われる衣裳は、高い使用頻度と重厚な装飾に耐え美しい型を保持するため、日本の小柄なダンサーにはむしろ過度な圧迫感と重量感を与えがちなボーンやワイヤーを入れています。
Angelic Charm では、それらを使用せずにボディスのカットやチュール生地の構成等を熟考し、装飾などにより型が崩れることのない基本型の秀逸さの重要性にこだわっています。
着心地の快適さはもちろん、ボディのスッキリとしたラインと厚く丸みのあるソフトなスカートラインに、上品さと重厚感をたたえた、舞台上でダンサーを美しく見せる舞台衣裳をつねに追求しています。